冬休みの家庭学習はどうすればいい?家庭教師がおすすめな理由

冬休みは生徒さんの学習において非常に大切な期間です。特にこれまで集中して勉強をする癖がついていない生徒さんにとって、冬休みは机に向かう習慣を付けたり苦手な科目を復習したりするための最適なタイミングといえます。

しかし「学習方法を生徒さんの自主性に任せるのはちょっと不安……」という保護者の方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが家庭教師です。家庭教師には冬休み期間中の短期講習もあるため、お試しで利用してみたいという方にも安心でしょう。今回は、冬休み期間中の家庭学習に悩んでいる生徒さんやその保護者の方に家庭教師がおすすめな理由を紹介します。

冬休み期間中に家庭教師を利用する理由

冬休みの学習に家庭教師がおすすめなのは、以下のような理由があるからです。

勉強に取り組む癖が付けられる

普段机に向かって集中して勉強してこなかった生徒さんが、冬休みの期間中どのように過ごすか想像してみてください。恐らく自発的に勉強に取り組める生徒さんは非常に少なく、多くの生徒さんがダラダラとした時間を過ごしてしまうのではないでしょうか。

しかし、家庭教師と苦手強化を克服し集中して勉強する癖を付けることで、冬休みの期間中に生徒さんの実力をアップすることが可能です。また家庭教師と勉強する時間と生徒さんの自由時間でメリハリを付けることで、適正な生活サイクルを作ることもできます。したがって、できるだけ早いタイミングではじめるのがおすすめです。

ライバルに差を付ける絶好のタイミング

冬休みの期間中は学校の学習が先に進まないため、生徒さんの得意教科を伸ばしたり苦手教科を克服したりする復習を行うのに最適です。そのため、冬休み中に家庭教師と集中して苦手強化の学習に取り組むことで、生徒さんの総合的な学力向上につながります。

家庭教師が生徒さんの得意・不得意な教科を見極め最適なカリキュラムを組むことができますので、冬休みの間にライバルと差を付けることが可能です。また冬休みの課題や自由研究の相談を家庭教師にできる点もメリットだといえるでしょう。

学習方法を見定める期間

生徒さんが受験のタイミングでない場合は、冬休みの期間中に短期講習の家庭教師を試してみたり、これまで通っていた学習塾と比較したりすることで、今後の学習方法を見定めるべきでしょう。その場合、どの会社のサービスにするかについては、冬休みになる前にある程度絞り込んでおくことが必要になります。

そして、冬休み中の学習の成果を踏まえ、最終的には生徒さん自身に今後どの方法で学習を続けるのか判断してもらうのがおすすめです。生徒さんが自分自身で判断して決定する学習方法を選択することで、より前向きに取り組めるようになるでしょう。ただし、冬休み中の学習方法が生徒さんに合わなかった場合には、春休みに向けて別の方法を検討する必要があります。

家庭教師ならではのメリット

次に、家庭教師のメリットを学習塾と比較して紹介します。

完全オーダーメイドの授業

集団学習塾の場合は、生徒さんの理解状況に関わらず学習がどんどん進んでいきます。そのため、理解できなかった部分を取り戻すためには、生徒さん自身が学習を計画して克服していかなくてはなりません。

一方、家庭教師の場合は、生徒さん一人ひとりに最適化した完全オーダーメイドのカリキュラムで学習を進めることができます。よって、集団学習塾のように生徒さんの理解度が低いまま学習が進むことはありません。また生徒さんの都合に合わせた最適なスケジュールで進めることができますので、部活や他の習い事との両立も可能です。

特に受験を迎える生徒さんにとって、冬休みは学習を深める最後のチャンスになります。よって、家庭教師を活用することで、無駄を省き効率よく学習を行うのがおすすめです。

家庭教師を選ぶポイント

家庭教師を選ぶ上で非常に重要なポイントが、生徒さん自身の意思です。「この先生とならやっていけそう」と生徒さん自身が判断することで、その後の学習へ取り組む姿勢が変化しはじめて結果につながるようになります。

逆に「この先生何か合わないな……」という場合には、よい結果は得られないでしょう。特に初めての家庭教師を選ぶ場合は、生徒さん自身の意思を尊重して決めることが重要です。

冬休みは家庭教師の短期講習を活用しよう!

学校がない冬休みは、自由に時間が使える貴重な期間です。そのため、何の目的もなしにダラダラ過ごすのは非常に勿体ないことだといえるでしょう。家庭教師のスクールの多くは冬休み期間中の短期講習を実施していますので、生徒さんの学力アップのためにも早めに検討するのがおすすめです。

完全オーダーメイドのカリキュラムで授業が受けられますので「勉強がちょっと苦手……」という生徒さんでも安心して利用できます。冬休みの過ごし方一つで生徒さんのその後の学習成果に大きな違いが出てきますので、ぜひこの機会に家庭教師を検討してみてはいかがでしょうか。